アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
風景印押印記
ブログ紹介
zoom RSS

勝手にスタンプラリーin行田市 B

2018/06/04 17:09
6月4日。ようやく終わった。足かけ三ヶ月。4/23、5/11、6/4。画像

今日になって気づいたこと。「真名板局」と「若小玉局」の位置が逆だった。まぁいいか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勝手にスタンプラリーin向日市 長岡京市

2018/05/17 14:29
5月14日・15日。京都に行った。15日は葵祭の日でもあった。
9時22分。予定通りに京都に着いた。
いよいよ始まる。「深草」まで京都市内ということで、「深草」までJRで行った。降りて歩き始めた。天気は良い。「洛西口」の前を通り八反田の交差点を左折。小さな川に沿って歩く。途中で川を渡り、物集女街道まで出る。今回はipadを持っていったのでグーグルの地図が役に立った。物集女街道に入って少し歩くとあった。

画像@物集女局10:15 女の局員さんに頼むと「はい」と返事が返ってきた。そして印を持ってウロウロ。「シャチハタどこだったかね。」あらあら。無事見つけて「はい、どうぞ」。
街道をそのまま歩く。道路を広げる工事をしていた。福祉会館前の交差点を折れて「東向日駅」のほうへ歩く。

A寺戸局10:47 窓口の女性の局員さんが忙しそうにしていたら奥から男性の・・・「はい、はい」と言いながら出てきた。いやな予感。はがきに押して台紙へ。「失敗してしもうた。すんまへんなー。」何を失敗したのかと思ったら印がぶれている。あーあ、と思ったが押し直しは出来ないし「いいですよ」。
そのまま東向日駅まで歩く。途中、小学生の街探検授業の一行に出会う。子どもたちの何人かは「おはようございます。」
駅に着くと11時をまわっていたので、昼食タイム。餃子の王将へ。

B向日町駅前局11:49 押してくれたのは女性の局員さん。台紙を見て、「どこに押しましょうか。下だと森本にかかってもいけないし・・・」「どこでもいいですよ。」結局、姫にかかってしまった。しかし、きれいな印影だ。「きれいですね。」そのあとは局長さんが対応してくれた。話し好きの局長さんで「どちらから。」「東京です。」「それはそれは、ところで辛い物は好きですか。」「はい。」「向日町は西日本で一番小さな市ですけど。辛い物で街おこしをしようということで・・・。パンフレットがありますか、差し上げましょう。」といって奥からパンフレットをもってきてくれた。
そして印影の説明をしてくれた。「ひまわりと竹藪と遺跡から出た鬼瓦です。」そして「次はどちらへ」「森本です。」「暑いさかい、気つけて・・・。」 
家で立てた計画では東向日駅まで戻って、一駅乗って西向日駅から歩く予定だったが、グーグルの地図を見ると歩けそうだから、歩いてしまった。

C森本局12:24 森本局は東向日駅からも西向日駅からも同じぐらいの所にある。これで正解。
森本局を出て、しばらく歩き、西新道へ出た。このあたり西国街道と並行している。

上川原の交差点の所に向日町局はあった。
 
D向日町局 13:09 久しぶりに大きな局だ。貯金を頼み風景印を頼んだ。
次は向日市さいごの局だ。阪急線を越え、東海道線をくぐった。向陽高校が見えた。上植野局はその前にある。

E上植野局 13:48 貯金通帳がいっぱいになった。貯金を扱ってくれた女性の局員さんに「新しい通帳にして貰えませんか。」すると「気がつかなかったわ。同じ柄のでいいですか。」そして「印おしますよ。」何のことかよくわからなかったが「はい。」結局新通帳に繰り越しますの印だった。
これで向日市は終了。長岡京市に入る。

@紫の里局 14:35 長岡京市に入り新しい用紙になった。女性の局員さん。「あら、一番最初だ。緊張する。どこへ押せばいいかしら。」「どこでもいいですよ。」「上に押しました。」ぎりぎりだ。印影はきれい。
グーグルの地図は正確で役に立つ。

A今里局 15:01 3時をまわってしまった。天神様に詣でて御朱印をもらえれぱ・・・。
貯金を頼むとうちの局印複数あるんですけど・・・」見せてくれたが、どんな柄があったのか覚えていない。竹の子の柄を押してもらった。画像

地名が天神になった。画像
B天神局 15:30 局印は牛と天神様の紋だ。風景印を頼むと「ご自分で押されますか」局長さんかな。「押してください」印影には立派な牛が。きれいだ。「絵が掛からないように斜めに押しときました。」まっすぐ押してくれてもいいのに、と思ったが「はい、どうも。」    バックの中からお仲間宛のはがきを取り出し「これもお願いします。」
「全部うちので、いいんですか。」「はい。」「あれ、かけちゃった」とか言いながら押してくれた。

天神様の境内に入る。とても広い。本殿にお参りし、社務所で御朱印をお願いする。さすがうまい字だ。
時間は4時をまわっていた。

C開田局 16:27 当然ながら貯金の窓口はしまっていた。おやじさんが受けたいやな感じはなかった。

14日はこれで終了。あと4局はあしたに。

15日。天気はすごく良い。8時過ぎに宿を出る。長岡天神で電車を降りる。
D花山局 9:20 女性の局員さんが対応してくれた。
グーグルの地図をたよりに歩き始めた。ダラダラとした登り坂だ。暑い。

E海印寺局 9:43 女性の局員さん。ひとりは局長さんかな。「どちらからいらしたんですか。」「東京です。」「この用紙はご自分でつくらはったのですか。」「そうです。こういう用紙がないから。」「郵便局を地図に落とし込んだのでもつくればいいのに。」「郵便局でつくってくれれば・・・。」
局から少し歩いたところにバス停があった。時刻表を見ると、JR長岡京駅行きがすぐ来るようだ。
バスを待って、長岡京駅まで。
駅の反対側の口に。村田製作所本社脇を通り、川を渡ったところに馬場局はあった。

F馬場局 10:42 あと1局になった。今度は駅を通り越して反対にいけばよい。おやじさんが訪れた時、修理に出していた局だ。

G神足局 11:09 まず貯金を頼み次に・・・「もう風景印はなおりましたか。」「はい。なおりました。」「前に友人が来たとき、丁度壊れていて・・・。」「そうなんです。30のところが・・・。」女性の局員さんたちが集まってきて、用紙を見ている。「ご自分で。」「そうです。」「ホントだ。勝手にと書いてはる。」そうこうしているときに貯金を扱っていた局員さんが「局印どちらがいいですか。」「お姫様。」

無事に8局終わった。

このあと山ア駅前局に寄り、京都に引き返し、葵祭の行列を見学した。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


勝手にスタンプラリーin行田市 A

2018/05/13 15:52
5月11日、二回目の行田市へ。一回目の失敗をふまえて、徒歩でまわることにした。
しかし、再び失敗に終わった。
行田市駅からまわろうと思い、熊谷駅まで行き、秩父鉄道に乗り換えた。しかし、電車が一時間に二本しかない。10時12分まで待って熊谷駅を出発。
10:47 行田本丸局 
11:28 行田佐間局
12:06 行田谷郷局 谷郷局をまわったところであと三局。市役所脇のバスターミナル観光案内所に寄って自転車を借りた。「どちらまで行かれますか。」「古代蓮の里まで・・・」教えてくれたとおりに行くと、埼玉局へ行けないので、寄り道をした。
13:55 行田埼玉局
14時30分位に蓮の里についた。あと二局。トラックの行く道路を、自転車で行く自信がないので、バスで行田駅まで戻った。
結局まわったのは四局。あとの二局はまた今度。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プラハとベルリンの旅B

2018/05/12 09:16
郵趣のまとめ。
@羽田飛行場のポスト。
画像

Aプラハのポスト
画像

Bプラハ中央郵便局
画像

Cその内部
画像

D郵便自動車
画像

Eベルリンのポスト
画像

Fベルリンの郵便局
画像

Gその内部
画像

H郵便配達
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プラハとベルリンの旅A

2018/05/12 08:44
5月1日。ホテルで朝食をとり、出発。
プラハ駅、8時31分発。1等車に乗る。画像1等車は一番後ろに付いていた。途中で食堂車に入る。丁度4人席が空いていてそこに座る。12時41分。定刻にベルリン中央駅に着く。タクシーでホテルまで。今日はメーデーなのでほとんどのお店は休み。


ホテルに荷物を置いて町に出る。まず行ったところは「ポツダム広場」で「ベルリンの壁」跡を見た。画像画像画像











そして、近代的デザインの「ソニーセンター」。











少し歩いて「ベルリン絵画館」。立派な建物だ。フェルメールの絵画が二つあり、大きな部屋にゆったりと飾られている。
画像2時間ほど見学した。









すぐ前のバス停から200番のバスに乗り、移動してみた。フンボルト大学過ぎて少し行ったところでバスを降りた。目の前は高級マンション。後でわかったのだがこれはアパートメント。ホテル代わりにも使えるらしい。画像画像その後トラムで夕食場所まで移動。









夕食は息子が出張の時よく使うソーセージの店へ行った。多くのお店がメーデーで休みなのによくやっていた。ソーセージを頼む。一緒についてきたザワークラフトがやわらかくとてもおいしかった。そのほかアスパラも頼んだが、これもおいしかった。満足。



5月2日。
ブランデンブルグ門の見学。近くのカフェで朝食をとる。
画像
これのすぐ前にベルリンの壁があったなど想像できないくらい整備されていた。

次に向かったのは博物館島にある「大聖堂」。大きい。
画像
歩いてドームの上まで登ってきた。途中に螺旋階段があって怖かった。しかし,上からの見晴らしがいい。画像テレビ塔も間近に見える。














「ベルガモン博物館」世界遺産になっている。日本人向けの音声ガイドがあった。ここでは写真を1枚も撮らなかった。



昼食は「カー・デー・ヴェー」という老舗デパートのフードコートへ行ってホワイトアスパラをたくさん食べた。そして郵便局に寄ってもらった。画像日本と同じように銀行があり、文房具も売っていた。










それから「ミッテ」地区で買い物タイム。「ハッケシャー・マルクト」という駅からアウグスト通りへ行った。「無印良品」などは日本の値札をそのままつけて売っていた。「トリッペン」で、かみさんの靴を買った。息子もここのファンだそうだ。自分は「アンペルマンショップ」でお土産を買った。」
夕食は「ココロ・ラーメン」。案内書にはまさに日本の味、と書いてあったが、少し濃すぎるような気がした。

5月3日。

今日はクルーズ船に乗る予定だ。電車で「動物園前駅」から「ヴァンゼーWannsee駅」まで行き、そこからは徒歩で船着き場まで行った。
画像
このあたりは別荘地帯みたいだ。ヨットハーバーがあったり、建物も素敵だ。画像画像

















この教会は東西の境界線にあって一時封鎖されていたが、封鎖が解けて訪れる人が多いそうだ。
画像


約2時間のクルーズだった。

お昼は前日のデパートのレストランで、魚料理を食べた。

その後は再び買い物タイム。香水を買った。お店の前の道に「ベルリンの壁」を示す石が埋められていた。
画像


そしてすぐそばに「チェックポイント・チャーリー」があった。

夕方、旧ユダヤ人の女子学校のあったところに行った。今はプティクや喫茶店になっていた。夕食ははじめに入った店が予約でいっぱいだったので、となりのスポーツバーに入った。


ホテルに帰って荷物の詰め込みをした。

5月4日。
朝食はすぐ近くの「steinecke」というベーカリーカフェでパンを食べた。画像画像チェーン店らしいがおいしかった。



















それから地下鉄で「テレビ塔」まで行った。ベルリンはいたるところに昔の写真が使われている。これは地下鉄の駅。
画像


「テレビ塔」の前には長いトラムがとまっていた。画像











テレビ塔は東京タワーより高かった。エレベーターで登ったが天井が透けていた。展望室からは市内が一望出来る。画像

















荷物を取りにホテルへ帰る途中、郵便配達のお兄さんにあった。
画像

これにて今回の旅行記は終了。ベルリンの上空からは、菜の花で黄色に染まっていた。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プラハとベルリンの旅@

2018/05/07 17:15
「今年の連休は長いからヨーロッパに行こう。チェコとドイツにしよう。」また、息子に連れて行ってもらう旅に出た。
4月28日。連休初日。羽田から朝10:10のパリ行きの飛行機に乗る。そして、バリからプラハ行きの乗り継ぎ便に乗る。


画像プラハには夕方着いた。「新市街」にある「アンバサドル・スラター・フサ」というホテルに入る。入ってまず驚いたのはエレベーター引き戸がついていてそれを開けて乗る。何だか怖い。




部屋に入ると広い。贅沢な造りだ。部屋からの眺めはこんなふう。
画像
8時を過ぎても明るかった。
4月29日。ホテルで朝食を食べる。
今日はビール工場見学だ。電車で行く。画像駅で切符を買う。ホームに上がってしばらくすると電車が来た。新しいきれいな車両だ。個室の部屋がならんでいた。約1時間ほど乗る。着いた駅はプルセン。
画像
ここから徒歩で10分程のところにピルゼン・プラズドロイ醸造所があった。
画像

ここで作られるビールは「ピルスナー・ウルケル」。工場見学をさせてくれる。丁度いい時間に英語のガイドがなかったので、ドイツ語のガイドさんに案内してもらう。陽気なガイドさんで一緒にいたドイツ人たちはよく笑っていた。最後にここでしか飲めないろ過前のビールを飲ませてくれた。地下にあり、とても涼しかった。
ビール醸造博物館のレストランで食事をして、プルゼン市内を見学する。
「共和国広場」。
「聖バルトノミェイ大聖堂」。
「大シナゴーグ」。画像画像画像
電車でプラハに戻る。

いったんホテルへ戻り、市内見学に出かけた。
旧市街広場。まず目立つのは「ティーン教会」。と「天文時計」。天文時計は工事中だった。
画像
そして「カレル橋」を渡った。人がたくさんいた。
画像


4月30日。ホテルで朝食。
プラハ城の見学に出かけた。
画像
見学時間は9時から。セキュリティチェックを受け、30分程待った。その間中国人の観光客がどんどん入って来て、大声で話をしている。
9時になり入場券を購入。第2の中庭の真ん中には噴水があり、礼拝堂もあった。
画像
第2の中庭から第3の中庭に入ると郵便局があった。そして。「聖ヴィート大聖堂」が目の前に見える。画像中に入るとたくさんのステンドクグラスで飾られていた。画像





旧王宮のバルコニーからの眺めは素晴らしかった。画像その後「聖イジー教会」「黄金小路」を見学する。



第2の中庭に郵便車が止まっていた。画像
その後「ストラホフ修道院」へ行った。中の図書室が立派であったが写真を撮るのが有料だったので、息子に頼んだ。
画像
近くで昼食をとり、ホテルに戻る。その途中中央郵便局があったので寄ってもらった。
画像画像







中も立派だ。










ホテルの隣に美容室があったので、髪を切ってもらい買い物に出かけた。
「旧市街広場」。「ヤン・フス像」。広場の一角で夕食をとる。
画像
.画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


勝手にスタンプラリーin行田市 @

2018/04/24 08:31
4月23日、天気は曇り。暑くも寒くもない絶好の活動日和。
以前から行きたいと思っていた行田市へ出かけた。すでに制覇しているお仲間に様子を聞くと「貸し自転車でまわれば一日で終わるよ。」その言葉を信じて・・・。
朝7時58分の電車で池袋へ。池袋から湘南新宿ライン。トラブルがあって5分遅れて到着した。9時15分に行田に着く予定だったが、9時20分に到着。
@ 9:25 行田駅前局 まずきれいな印影でホッとした。台紙を見て局員さんが「これご自分で作られたんですか。いいですね。」そして「今日これからまわられるのですね。」と言って、全局の印影の入った紙をくれた。
気分良くまわれそうだ。
○駅に戻り貸し自転車の手続きする。出かけようとすると「地図はいりませんか。」「いい地図ありますか。」「これが市内全部入っています。」見たら郵便局まで入っている。9:35さっそうとスタート。一番遠いところからまわろうと予定を立てていたので・・・地図を見ながらペダルをこいだ。ところがズーッと乗っていなかったものだからあっちにふらふらこっちにふらふら思うように進まない。そうこうしているうちに、途中で 一局みつけた。
A10:07 行田棚田局 ここも印影はきれいだ。飴とティシュをくれた。男性の局員さん。「ここにも押してしまいました。」見本のための用紙にもていねいに押してあった。
ここからが大変だった。道は農道。一本道だ。行けども行けどもたどり着かない。なんど地図を見直したか。広い県道に入るとダンプがやってくる。直線距離にして7.5q。画像
B11:41 行田北河原局 一時間以上乗っていた。おしりが痛くなってきた。印影がきれいなのが救いだ。     利根川自転車道というのがあったのだが、ひたすら県道を。
C12:33 行田須加局 いつの間にかお昼をまわっている。「この台紙いいわね。」「行田の台紙があるので・・・」「でもこれだと位置がわかるから・・・」印影は相変わらずきれいだ。
ここからしばらく用水に沿って走る。舗道と車道がわかれていて走りやすい。
D13:22 荒木局。お昼の時間帯で人手がなく局長さんも働いていた。でもなにをするにも局員さんに聞きながら・・・
E14::15 行田桜町局 さくらちょうと読む。未だアンダーバー入りだ。
局を出て少し進んだところで砂利にタイヤをとられて転んでしまった。起き上がって後ろを見ると・・・ダンプが止まってくれていた。
F15:11行田局 女性の局員さんが後ろにいた男性局員に渡している。そしてなかなか戻してくれない。いやな予感。・・・的中。女性の局員さんがひらひらさせながらもってきた。「これでよろしいでしょうか。」「よろしくない」と言っても仕方がないので苦笑いしながら「はい。」それにしてもひどい印影だ。今までわりときれいだったのに・・・。
もう今日は止めよう。
16時5分過ぎに自転車を返して帰路についた。久しぶりのサイクリングで疲れた。           
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


川崎、終わりました

2018/04/13 21:40
4月13日。残りの3局終わりました。画像
小田局。申し訳なさそうに「うちのはこんなあんばいです。ご自分で押しませんか。」と局員さん。「押してください。」潰れてよくわからない。
浅田局。「あと何局ですか。」「京町だけです。」奥から局長さんが「初めての企画で・・・。感想を聞かせてください。」「よかったですよ。ただ小田局がちょっと残念でしたね。」「申し訳ありません。20年前の平成10年に川崎全局配備して、もう20年経つのでそろそろ変えようかという話も出ているんですよ。」「その方向でお願いします。」
京町局。「終わりですね。お疲れ様でした。プレゼントを用意しますからお座りになってお待ちください。」プレゼントをもって局長さんが、「どうでしたか。」「よかったですよ。」「子どもが参加するのかなぁと思っていたら、大人の人の参加も結構あって・・・」「ただ小野局がねぇ」。「そうですね。私も見せてもらって・・・言っておきますよ。」「何か変えたいなんて話も出ているようですが。」「20年経ちますからね。あのときはとにかく作ろうということで・・・。近くにいい題材もあるようですから。」「期待しています。」
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


川崎、行って来ました 第一弾

2018/04/09 21:35
4月9日。11/14局終わりました。
どこの局もきれいな印影で、良かったです。川崎区の風景印は細かくて、潰れたら何だかわからない印でしたが、スタンプラリーをきっかけに新しくした感じです。写真は最初の訪問局の川崎渡田向町局。
画像川崎駅からバスに乗る。1日乗車券を利用。

@川崎渡田向町局 A川崎渡田局 B川崎旭局 C川崎藤崎局 D川崎大島局 E川崎東大島局 F川崎港局 G川崎四谷上町 H川崎昭和局 I川崎大師局 J川崎大師海岸局   以上11局が終わり残りは3局。川崎小田局、川崎浅田局、最後は川崎京町局。そこで記念品を受け取ろう。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


川崎市川崎区でスタンプラリー

2018/03/27 21:33
今日、川崎区内のある郵便局の局員さんからスマートレターが送られてきた。中を開けてみると、なんとスタンプ帳と手紙が入っていた。
「川崎区内の郵便局をめぐる風景印deスタンプラリー」と銘打ってスタンプラリーをすることになった、とのこと。送られてきたのはそれ用のスタンプ帳だ。予算が限られているので手作りのスタンプ帳で、各局あまりたくさんはないらしい。川崎は区内ほとんど同一でおもしろみにはかけるが、心意気には拍手を送りたい。4月になったらぜひまわってみ画像たいと思っている。画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


もうすぐ4月 そろそろ動き出そうかな

2018/03/20 08:14
日本郵便の風景印紹介のページが新しくなって見やすくなった。
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/fuke/
もうすぐ4月。そろそろ動き出そうかな。

「勝手にスタンプラリー」の用紙も2地域つくってみた。『行田市』と『長岡京市』。
きっかけは
@行田市=市内郵便局でつくったスタンプ帳がある。
A長岡京市=お仲間のブログを見て。
ところで作っていて気づいたのだが、長岡京市の近辺の市は「勝手にスタンプラリー」の宝庫ではないか。到底一度ではまわりきれないので少しずつまわることにしよう。
ということで、とりあえず今回は二ヶ所。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


台湾旅行A

2018/01/08 15:01
1月1日
あけましておめでとうございます。
日系のホテルだったら雑煮とかおせちが出るのだろう。
ホテルを出て電車で「善導寺」まで行く。下りて少し歩くと行列が見えた。
「阜杭豆漿」
一階は市場になっていて二階にあった。並ぶこと30分くらい。やっと二階にたどり着いた。二階には色々な店が入っていて、フードコートになっていた。息子と自分は席を確保。空いたところにどんどん座って行くので注文してからでは・・・。
「豆漿」は豆乳で朝食としては有名だそうだ。そういえば行列に並んでいたのはほとんどが台湾人だった。豆漿の上に「揚げパン」と「パクチー」がトッピングされていた。

食べ終わってまちをぶらぶら。というより「ホテルオークラ」をめざしていたのだが、一向に着かない。息子が「反対方向だ。」タクシーでオークラへ。台湾のタクシーは場所の名称より住所だ。オークラも住所を伝えると「ok」。
オークラに着くとほとんどが日本人。パイナップルケーキを買い、トイレを済ませるとすぐホテルを出た。

再び街をぶらぶら。

「寧夏豆花荘」
「豆花荘」というスイーツ屋さんに入る。ふわふわな豆腐スイーツだ。自分は「あずき豆花(紅豆豆花)」を食べた。息子たちは「ピーナッツ豆花」「タロイモ豆花」を食べていた。とろとろの杏仁豆腐を食べている感じだ。

その後「行天宮」に行った。関帝廟だ。お参りの仕方が書いてあったが・・・画像画像

地下道には占い屋さんが並んでいた。「占い横丁」というそうだ。息子たちは占ってもらった。一人1000円ぐらいだったそうだ。














「雙連駅」から「東門駅」へ。


「沁園」というお茶屋さんへ。お店の人は日本語で話が通じた。
お茶をだいぶ買いこんで街を歩く。
「錦安」日本の統治時代の名残が多く、平屋の日本家屋が残っている。
付近は高級住宅地のようだ。画像画像




















ホテルに戻る。
息子と二人、5時に床屋を予約して貰い、息子たちは、また買い物に出かけた。
 
5時までの時間、ラウンジで過ごしたり、部屋へ戻ったり・・・。
5時になったのでホテルの近くにある床屋に行った。床屋と言うより美容サロンだ。はじめに洗髪をして次にヘッドスパ。かなり時間をかけてくれた。その後「おばちゃん先生」が現れ髪を切り始めた。するとまわりにインターン?が集まり、6、7人に囲まれてしまった。「おばちゃん先生」が切り終わると、再び髪をあらってくれた。

夕食は隣の駅まで行きそこから歩く。
「種福園」
入口脇で「斤餅」をつくっていた。この斤餅におかずをくるくる巻いて食べるのだ。北京ダックの感じだ。日本語のメニューもあった。「合菜代i」色々な野菜が入っていてとてもおいしかった。家の近くの中華料理店でも食べられる。斤餅はあっという間になくなり追加注文をしたぐらいだ。

1月2日
朝食はホテルのラウンジで。
チェックアウトの準備をして一階に下りる。会計を済ませ、荷物を預ける。
故宮博物院にタクシーで行く。
画像二回目の訪問だ。フラッシュをたかなければ、写真はok。とってみたもののボケている。
画像
入口脇に郵便局があった。

昼食場所へはタクシーで。
「名月湯包」
タクシーの運転手が「小籠包を食べに行くのかい」と尋ねたそうだ。息子は「そうだ。」と答え、「昨日も食べた。」言ったそうだ。焼き餃子もとてもおいしかった。

「六張犁駅」から「南京復興駅」まで戻る。いよいよ帰国だ。タクシーで松山空港まで。

15:15発JL098便で羽田空港まで。ほぼ予定どおりに着いた。満月が見えた。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


台湾旅行@

2018/01/08 08:40
12月30日 10:55 JAL67A便 成田→台北
ほぼ予定どおりに台北に到着。桃園国際空港。
下へ降りて電車で台北駅へ。止まっていた電車に乗ろうとすると係の人に止められた。そして路線図をくれた。なるほど次に来る電車が快速で、いくつも止まらないらしい。電車はきれいだ。台北駅についた。電車を降りてタクシーに乗り換える。タクシーの運転手は息子が英語が通じると英語で話しかけている。『車で案内してやってもいい』息子は『電車で行くから・・・』と断っていた。そうこうしているうちにホテルに到着。
画像チェックインを済ませて部屋に入る。部屋は広かった。画像
大きな荷物を置いてラウンジに行く。サンドウィッチとコーヒーをもらう。一休みして出かける。













電車で「龍山寺駅」まで行く。龍山寺(ロンシャンスー)を見学する。
画像









『福州元祖胡椒餅』
「胡椒餅」を食べようと横丁に入る。店はすぐ見つかったが予約だという。1個50元。3個頼む。8番の番号札をもらった。「今日はこれで終了。20分待て」と言われた。よかった。できあがりを一つ一つ袋に入れてくれた。写真を撮っていなかったのでインターネットから。画像
歩きながら食べる。





『大來小館』画像
夕食は小籠包を食べるつもりで『鼎泰豐(ディンタイフォン)』へタクシー行った。順番を待つ人だかりが出来ていた。番号札をもらう。2時間待ち。そんなに待ってられない、と近くの『大來小館』に行った。名物の魯肉飯など五種類程頼む。どれもおいしかった。食べ終わって鼎泰豊の前へいってみたが、まだ順番はきていなかた。
電車でホテルへもどる。
ラウンジで果物を食べる。

12月31日
朝食はホテルのラウンジで食べる。
8:46の新幹線で台南へ行く。普通車は売り切れていたので、いわゆるグリーン車に乗る。2005元。乗るとコーヒーと水とマドレーヌを配ってくれた。画像車内は日本の新幹線と同じ。700系。画像









10:32 台南についた。自動改札に切符を入れたらもどっきた。どうやら回収しないらしい。電車を降りて駅前広場に出てみた。どうも様子がおかしい。聞くとここは沙崑駅。市内の台南駅にはここから電車を乗り継いでいくらしい。急いでホームへ上がって発車寸前だった電車に乗り込んだ。
台南駅に着いてすぐ帰りの切符を購入。
駅からは徒歩で。まず行ったのは「赤嵌楼(ティカンロウ)」。オランダ統治時代に建てられた建物だそうだ。
画像

続いて「祀典武廟(スィディエンウーミャオ)」台湾関帝廟の総本山。画像画像











そして脇の道を入って「大天后宮(ダイテンゴグウ)」媽祖廟に着いた。脇に金紙お金の代わりの紙の束を燃やす焼却炉が付いていて常に煙りが出ている。

いよいよ昼食。
「度小月(ドゥシャオユエ)」という店へ行った。
ここも順番待ち。一時間ほど待つという。待っている間に「林百貨」に行った。日本の統治時代に開業。お土産はここで。というのでお仲間に送る絵葉書を買った。買い物を済ませ帰ってきたがまだ並んでいた。

番号が呼ばれた。さあいよいよ昼食だ。
ここのお勧めは擔仔麺(タンツーメン)。肉そぼろ麺。店員さんは流暢な日本語を話す。「どこで?」と尋ねると「千葉で」という意外な答えがかえってきた。
あれこれ頼んだがどれもおいしかった。

食べ終わり「台南孔子廟」へ向かう。ここは台湾最古の孔子廟。
画像


帰りの時間が気になったので急いで駅まで戻る。画像



台南駅から沙崑駅まで。そこで乗り換える。帰りは普通車。1350元。
画像





座席の背もたれを見ると『三菱電機』の宣伝が。








「台北駅」から電車を乗り継いで「中山駅」まで。地下でつながっていないので一度外へ出てそれから地下2階まで。目的は小籠包を食べに。
「鼎泰豊」
三越にはいっている「鼎泰豊」にやってきた。30分待ちだそうだが、その間ショップ巡りも出来る。待っている間にを2枚買ってもらった。戻ると待ち時間はさらにのびて70分待ちになっていた。ようやく番号が呼ばれ中に入った。店内はわりと広々していた。まず小籠包をたのむ。そして「なす」「空心菜」「豆苗」などをたのみ満腹。

『南京復興』駅の1番出口がホテルに一番近い。もうだいぶ慣れた。

ホテルのラウンジで一休みして息子たちはマッサージに出かけた。自分は部屋に戻って「紅白」を見た。しばらくして息子たちが帰ってきた。そして「紅白」が終わった頃「101」で花火が上がる、と出ていった。そうか時差1時間。
うつらうつらしていると息子の声が「きれいだったよ。」

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


池上線90周年一日フリー

2017/10/10 10:02
10月9日。池上線が一日無料、ということだったので乗りに行った。
五反田駅でフリー切符をもらった。渋谷駅発行の切符だ。画像
電車はそれなりに混んでいた。画像











池上まで乗って本門寺へ行った。明日からお会式ということだった。お参りを済ませ池上駅に戻ってきた。また切符をくれた。今度は多摩川駅発行。画像







画像




蒲田駅へ行った。改札を出て驚いた。入場制限をしている。いくらでも切符をくれる。ここも多摩川駅発行。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日光街道 埼玉六宿A

2017/10/07 20:55
10月7日。雨がやんだので集印に出かけた。

先日の六宿の残り半分。春日部、越谷、草加の3局。画像「春日部」はゆうゆうもやっていたが、普通窓口のほうがきれい。「越谷」はゆうゆうがなかったが印影はきれい。「草加」のゆうゆうはやっていなかった。印影は潰れていた。

C11:37 春日部局 窓口の局員さん。「あら、これに押しているのね。」「じゃぁ次は越谷ね。」「気を付けてね。」
D12:31 越谷局  
E13:44 草加局


六宿終わったので草加神社へ寄って、ご朱印をもらった。書いてくれた神主さん。「氷川神社をまわっているのですね。」「なかなかまわれなくて。名前が変わったところもあるし・・。」「ここみたいにね。よく調べていますね。」草加神社は以前氷川神社と呼ばれていたそうだ。草加神社は草加市氷川町にある。

帰りに草加せんべいを買って帰った。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日光街道 埼玉六宿

2017/10/01 21:13
風景印のお仲間は9月30日、「中山道武州路」の旅に出かけた。
いつもはグループに入れてもらっているのだが、ちょっと用事があって今回は参加出来なかったので、台紙だけいただいた。

10月1日。それではということで東武鉄道の北千住駅に置いてあった「埼玉六宿スタンプラリー/日光街道」の旅にでかけた。一人旅である。画像

風景印を押す台紙は「埼玉六宿スタンプラリー/日光街道」の台紙で代用した。

ところが・・・。
出かける時間が遅かった。日曜日に閉まっている窓口があったり、移動に時間がかかったり、15時に閉まってしまう窓口があったり・・・結局3/6しかまわれなかった。


@11:31 栗原局
A12:47 幸手局
B14:14 杉戸局
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


松本市内散策

2017/09/08 10:22
9月5日・6日の二日間、信州松本へ18切符で出かけた。行きも帰りも「普通列車」。

南松本駅で下車。朝6時過ぎに家を出たが、着いたのはお昼頃。

@11:56 南松本駅前局 女性の局員さんが三人。笑顔で迎えてくれた。『松本南編の郵便局MAP』をくれて「次はどちらへ行かれますか」「このあたりを行ったり来たり」「歩きですか?」「そうです」「そりぁ大変だ。気を付けて・・・」画像
お昼は近くのラーメン屋に入った。割合混んでいた。
食べ終わって次の局へ向かう。地図を見ながら歩く。

A12:56 松本出川局 印影はきれいだったが何を描いているのか・・・画像解説書に古墳と書いてあった。

松本駅の方向に向かって歩きはじめた。初めての土地で方角がよくわからない。しばらく歩くとバス停があった。時刻表を見ていると1時間に1本。そのときバスが・・・。「やったー」と言うことで松本駅行きのバスに乗ることができた。途中で本庄局に寄ろうと思ったが、バスを降りてしまうと、次どうなるかわからないのでとりあえず松本駅まで行くことにした。

B13:35 松本局 以前にもらっていたが、再びもらう。きれいだ。
画像貯金印には松本城が描かれている。郵便窓口にも貯金窓口もお客さんはほとんどいなかった。


駅前局まで歩く。場所はすぐにわかった。
C14:02 松本駅前局 画像印影はきれいだ。槍ヶ岳を描いている。



線路の下をくぐる。
D14:14 松本巾上局 きれいな局だ。女性の局員さんが対応してくれた。2枚頼むと2枚目のうつりが悪かった。すると新しいはがきを出して押し直してくれた。親切だ。普通なら「いかがでしょうか」と言ってすましてしまう程度だ。画像


駅まで歩く。こちらは松本駅のアルプス口側だ。以前上高地、黒部へ行ったとき利用した。駅に着いてどこへ向かうか思案した。名古屋に向かう電車もある。ということで中津川行きの電車に乗った。そして三つ目の「平田駅」下車。開業10周年の比較的新しい駅だ。駅から松本南郵便局が見えた。松本までの帰りの電車の時間を確認して出かけた。


E14:45 松本南郵便局 駅から見えたのだが入口は国道?側だ。画像図案に飛行機が描かれている。松本空港が近いのかな。貯金印にも飛行機が描かれている。
すぐ引き返す。再び松本駅。


地図を見ると松本大手局が行きやすい距離だ。その前にホテルにチェックインして荷物を軽くして行こう。

途中「四柱神社」を通ったが、ご朱印はパス。なわて通りを通って松本大手局へ。縄手通りの入口にかえるの像があってお土産にもかえるの置物を売っていた。

F16:24 松本大手局 途中道に迷いかけたが・・・。画像松本城を描いている。ホテルに寄った時点で4時をまわっていた。


外へ出て地図を見ると、城東局が道の先にある。

G16:38 松本城東局 女性の局員さんが対応してくれた。印影はきれいだが濃すぎる。画像もっと軽く押せばいいのに。


城西局を目指して歩いたがお城を見ていたりして遅くなってしまった。今度にしよう。 

帰りにコンビニに寄って晩ご飯と朝食を買ってホテルに戻る。晩ご飯を食べて松本局のゆうゆう窓口に出かけた。

○19:20 松本局ゆうゆう窓口 混んでいた。画像これで一日目終了。

訪問局数 8局。+ゆうゆう窓口


朝起きると霧雨が降っていた。松本駅に行く途中で「タウンスニーカー」の1日乗車券を買った。駅について迷った。バスで市内を巡るか、大糸線に乗るか。

大糸線に乗って二つ目の島内へ行くことにした。
島内は無人駅だ。駅を出て地図を片手に歩きはじめる。なかなか着かない。局のマークが見えてきた。
H 9:40 島内局 音楽文化ホールを描いているそうだ。線路を挟んで反対側にあった。画像

音楽ホールの脇を通って歩く。途中「西友」があった。このあたりは新興住宅地になるのかなぁ と思いながら次のあいらんど局を目指す。途中に松本松島簡易局があったので貯金のために寄る。
I10:05 松本松島簡易局 局の前で事故があったらしい。パトカーと前がへこんだ車が止まっていた。

J10:19 松本あいらんど局 洒落た局舎だ。画像女性の局員さんが準備していたら脇から局長らしき人がきて押してくれた。
帰りはどうしたらいいのか。近くに県の合同庁舎があった。そこまで行けば・・・。ところがタクシーなんて走っていない。バス停を見つけた。「タウンスニーカー」のバス停だ。一時間に2本。次のバスは10:51。浮世絵博物館・歴史の里経由の遠回りコース。駅まで行くならなんでもいい。待った。

バスで松本駅に。そこから南コースのバスに乗り、相澤病院で降り、本庄局を目指すことにした。
11:35発のバスに乗った。相澤病院で降り探す。方角がつかめない。

K12:05 松本本庄局 画像ここも松本城を描いている。

もう1局行くつもりで歩きはじめたが、やめようという意識が強く働き、引き返してしまった。途中でバス停を見つけタウンスニーカーで松本駅に。 

訪問局数 4局。

昼過ぎの電車で東京に。       

どこもきれいな印影でよかった。
それにしても気力がなくなったなぁ。と、しみじみ感じる旅行となった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


勝手にスタンプラリーin軽井沢

2017/08/16 09:09
久しぶりの「勝手にスタンプラリー」ですが、今回は「みんな一緒に・・・」と合同です。
「勝手に・・・」は24枚目のシート完成です。
画像

一人旅ではできない経験でした。
天気は局をまわっている間は「くもり」。帰りの碓氷峠では「霧」と「雨」。途中で猿にも会いました。





軽井沢局と高崎局でちょっとしたハプニングがありましたが、何とか予定していたすべての局を廻りきって終了しました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


暑いですね

2017/07/11 09:17
しばらく更新もしないまま一ヶ月以上が過ぎてしまいました。この間色々なことがありました。
6月13日から一泊二日で京都に行って来ました。一日目は自由行動。二日目は団体行動。
一日目。中京区にある局すべてまわるつもりでしたが五局ほど残ってしまいました。初めに北野天満宮へ行ったり、本能寺を訪ねたりしたからでしょう。残ってしまった局はまた今度。と言うことでとっておきます。二日目はツアーで貴船神社、下鴨神社、嵐山、伏見稲荷などをまわりました。局には行けなかったのですが、ご朱印はもらってきました。
一日目にした局巡では窓口の局員さんは親切で、「次はどこへ」と気を遣ってくれました。暑かったですがおもしろかったです。

6月17日。東京に帰ってきて、散歩の会でお仲間から、「富士見水谷東局」の印がきれいになったという情報を得て、郵頼をしました。なるほどきれいです。風景印の図案説明が同封されていました。画像
画像















7月1日。富士山の山開き。出かけて来ました。と言っても「浅草浅間神社」と「駒込富士神社」午前中雨が多少降っていましたが、午後にはあがり無事、富士登山終了。ご朱印ももらってきました。駒込では名物の麦落雁を買ってきました。画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


渋谷区風景印めぐり

2017/05/24 08:15
第11回 「みんな一緒にスタンプラリー」
風景印の仲間4人で、渋谷区内の局をまわってきました。
渋谷区内で風景印のある局は8局しかなく、時間的には余裕をもってまわることができました。
画像

代々木二局→徒歩→代々木三局→徒歩→代々木局→ハチ公バス→放送センター内局→徒歩→松濤局→徒歩→道玄坂局→昼食・徒歩→渋谷局→徒歩→神南局。拙宅へもお寄りいただいて4時間ほど話し込み、近くのファミレスで小宴会。解散となりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

風景印押印記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる